石和温泉で遊べる風俗

石和温泉

石和温泉(いさわおんせん)は山梨県笛吹市にある温泉街で山梨県では最大規模を誇る温泉街です。春日居温泉と日の出温泉を合わせて石和温泉郷と呼ばれることもあります。最寄り駅はJR中央本線「石和温泉駅」で東京からは新宿から「あずさ」で約2時間半で行くことができます。東京から近いことや、南アルプスや富士山などに囲まれた景色は最高で、「ぶどう」や「桃」が全国でも有名で多くの観光客が訪れています。

石和温泉の風俗はコンパニオンやソープランド、そしてデリヘルで遊ぶことができます。コンパニオンなら旅館やホテルに直接女の子を呼ぶことができるので団体客ならおすすめです。呼べるコンパニオンには、ノーマルコンパニオンとピンクコンパニオンがあり、ノーマルだとエッチなサービスは一切ありませんが、ピンクコンパニオンだとエッチなサービスも楽しむことができます。アフター交渉は女の子次第やチップ次第になるようです。昔は温泉風俗街として有名でしたので、コンパニオン派遣も盛んでしたが近年は縮小傾向にあるようです。

温泉街のメイン通りにはスナックやパブがある温泉街によくある光景で、裏風俗で遊ぶこともできますが、石和温泉にはソープランドもあるので健全な風俗遊びを求めるならソープランドがおすすめです。しかし、今ではソープランドも1軒か2軒のみになってしまったようなので、ソープランド以外で健全な風俗遊びといったらデリヘルになってしまいます。

車があれば甲府市内まで足を運ぶのもいいですが、石和温泉周辺にもラブホテルがあるので派遣可能なデリヘルは結構多くあります。石和温泉がある笛吹市は甲府市や山梨市からも近いので交通費がそんなにかからずデリヘルを呼ぶことができます。旅館タイプではなく大型のホテルタイプのホテルであれば、デリヘル嬢を部屋まで連れ込む(呼ぶ)こともできるので、石和温泉での風俗遊びはデリヘルで一番いいかもしれません。

別府温泉で遊べる風俗

別府温泉

別府温泉は大分県別府市にある温泉街で、温泉街の規模は全国でもトップクラス、九州では最大規模の温泉地です。日本人のみならず、外国人にも人気がありお隣の韓国や中国からも多くの人が訪れています。源泉数、湧出量ともに日本一で、周辺の温泉地「浜脇温泉」「観海寺温泉」「堀田温泉」「明礬温泉」「鉄輪温泉」「柴石温泉」「亀川温泉」を含めて「別府八湯」とも呼ばれています。最寄り駅は「JR別府駅」なので市内の繁華街で夜遊びする上で、アクセスは最高と言えます。

別府温泉で人気の風俗は周辺に10軒ほどあるソープランドです。ソープランド以外にも店舗型風俗であるトクヨクもあるので、温泉地としてもとても人気ですが、風俗街としてでもとても人気があります。人気の理由は、先ほど挙げたソープランド・トクヨクが充実していることもありますが、それ以外の風俗も充実していることもあります。別府駅前の歓楽街には、キャバクラやガールズバーもあり、カワイイお姉ちゃんと楽しくお酒を飲むことができますし、軽く一発抜きたい人向けのピンサロだってあります。別府温泉は別府の中心街になるので、温泉街によくある外国人や熟女のオバチャンということはありません。

さらには、温泉街風俗の醍醐味である「裏風俗」や「ちょんの間」だってちゃんと存在しています。これだけソープやヘルスが充実していれば、わざわざ「裏風俗」で遊ぶ人はいないかもしれませんが、興味本位で行ってみる人がいるのかもしれません。

巨大な温泉街でもあるため、ホテルに呼べるデリヘルやコンパニオンも充実しています。温泉街の旅館やホテルだと、デリヘル嬢が部屋まで来れないことが多いのですが、コンパニオンを呼ぶ団体客も多くホテル側もあまり厳しくしていないため、デリヘル嬢を部屋まで呼ぶことができるホテルもたくさんあります。団体で別府温泉を楽しむなら、繁華街まで出向くのではなく、ホテルにコンパニオンを呼んで楽しくお酒を飲んだり、デリヘルを呼ぶのがいいかもしれません。デリヘル、コンパニオン嬢ともに派遣されてくる女の子のレベルは非常に高いからです。

道後温泉で遊べる風俗

道後温泉

道後温泉は愛媛県松山市にある温泉街で、周辺には松山城や道後公園があり愛媛を代表する観光地になっています。有馬温泉(兵庫県)、白浜温泉(和歌山県)と共に、日本三古湯の1つとも言われています(白浜温泉(和歌山県)ではなく、いわき湯本温泉(福島県)の場合もあります)。
日本映画の歴代興行収入1位の「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになった建物があることでも有名です。温泉街への最寄り駅は松山駅から乗れる路面電車「道後温泉駅」です。

道後温泉は、松山市街地まで非常に近い位置にあるため松山の歓楽街・風俗街で遊ぶことができます。風俗の種類も豊富で、ピンサロ、ファッションヘルス、ソープランド、デリヘルから選ぶことができます。道後温泉のファッションヘルスは有名で、ヘルス店が集まったファイブスタービル(通称・道後温泉ヘルスビル)もあります。夜になると歓楽街一帯はネオン輝くお店の看板や客引きのオッチャンやオバチャンで溢れています。温泉街でファッションヘルスで遊べるのは珍しく、風俗遊びを目的とした温泉旅行なら道後温泉は最もおすすめなエリアの1つと言えます。

堂々と遊べるファッションヘルスやソープランドがおすすめですが、温泉街でよくある裏風俗もあります。今では「ちょんの間」みたいな怪しい風俗はなくなりましたが、スナックやパブの女の子を連れだす「連れ出しスナック」は今でもあります。このようなお店だと外国人や熟女が多いですが、道後温泉だと日本人の若くて可愛い女の子と出くわすこともあるようです。ホテヘルやマンションの1室がプレイルームになっているマンヘルもあり、一日では遊びきれないほどの風俗店がある四国最大の風俗街であることを実感することでしょう。個人的にはソープランドが一番おすすめですが、どの風俗も特徴があるので好みに応じてお店を選ぶのがいいと思います。

雄琴温泉で遊べる風俗

雄琴温泉

雄琴温泉は滋賀県大津市にある温泉街で、琵琶湖の西側沿いにかけて多くの旅館やホテルがあります。読めない人が多いためか平仮名で「おごと温泉」と表記していることもあります。温泉地としての歴史はとても古く、一説では1200年前の最澄によって開かれた温泉地であるようです。京都まで車で20分ほどと近いため京都観光で訪れる人も多くいます。
雄琴温泉は純粋な温泉街としてではなく、雄琴温泉ソープランド街として全国的には非常に有名なエリアです。ソープランド遊びを目当てに雄琴を訪れる人がとても増えて一方で、雄琴=ソープランド街(風俗街)のイメージが定着してしまい、その影響もあって最寄り駅であったJR湖西線「雄琴駅」は「おごと温泉駅」に変更されました。

雄琴ソープランドは、関西では貴重なソープランド街であるため利用者はとても多いのですが、ソープランドで遊ぶ男性客が宿泊客というわけではないため、地元住民としてソープランド街というイメージを払拭するため、近年は雄琴温泉=ソープランド街ではなく、魅力ある温泉街として観光客を誘致しようと多くのホテルが取り組んでいるようです。

しかし、ソープランド遊び(夜遊び)を兼ねた宿泊客や団体客もたくさんいます。近年は夜遊びが楽しめる温泉街は少なくなってきているため、そういう意味では雄琴温泉はとても貴重な温泉街でもあります。温泉街の風俗といった「連れ出しスナック」などの裏風俗が主流ですが、堂々と合法の風俗で遊ぶならデリヘルを呼ぶかソープランドを利用するしかありませんので、雄琴は最高の立地条件と言えます。

雄琴のソープランドは、首都圏や関西の福原と比べても安く遊ぶことができますし、怪しいような裏風俗でも連れ出し料で2万程度かかると考えると、全体にお得に遊べます。さらに、大津市(琵琶湖西部)だと出張可能なデリヘル店も多く、ホテルの場所によっては京都市からでもデリヘルを呼ぶことができます。そういう面からも自分が慰安旅行や忘年会・新年会の幹事なら雄琴温泉を選びます。