雄琴温泉で遊べる風俗

雄琴温泉

雄琴温泉は滋賀県大津市にある温泉街で、琵琶湖の西側沿いにかけて多くの旅館やホテルがあります。読めない人が多いためか平仮名で「おごと温泉」と表記していることもあります。温泉地としての歴史はとても古く、一説では1200年前の最澄によって開かれた温泉地であるようです。京都まで車で20分ほどと近いため京都観光で訪れる人も多くいます。
雄琴温泉は純粋な温泉街としてではなく、雄琴温泉ソープランド街として全国的には非常に有名なエリアです。ソープランド遊びを目当てに雄琴を訪れる人がとても増えて一方で、雄琴=ソープランド街(風俗街)のイメージが定着してしまい、その影響もあって最寄り駅であったJR湖西線「雄琴駅」は「おごと温泉駅」に変更されました。

雄琴ソープランドは、関西では貴重なソープランド街であるため利用者はとても多いのですが、ソープランドで遊ぶ男性客が宿泊客というわけではないため、地元住民としてソープランド街というイメージを払拭するため、近年は雄琴温泉=ソープランド街ではなく、魅力ある温泉街として観光客を誘致しようと多くのホテルが取り組んでいるようです。

しかし、ソープランド遊び(夜遊び)を兼ねた宿泊客や団体客もたくさんいます。近年は夜遊びが楽しめる温泉街は少なくなってきているため、そういう意味では雄琴温泉はとても貴重な温泉街でもあります。温泉街の風俗といった「連れ出しスナック」などの裏風俗が主流ですが、堂々と合法の風俗で遊ぶならデリヘルを呼ぶかソープランドを利用するしかありませんので、雄琴は最高の立地条件と言えます。

雄琴のソープランドは、首都圏や関西の福原と比べても安く遊ぶことができますし、怪しいような裏風俗でも連れ出し料で2万程度かかると考えると、全体にお得に遊べます。さらに、大津市(琵琶湖西部)だと出張可能なデリヘル店も多く、ホテルの場所によっては京都市からでもデリヘルを呼ぶことができます。そういう面からも自分が慰安旅行や忘年会・新年会の幹事なら雄琴温泉を選びます。