加賀温泉で遊べる風俗

加賀温泉

加賀温泉は石川県加賀市にある温泉街で片山津温泉、山代温泉、山中温泉、粟津温泉(小松市)の4つの温泉の総称で加賀温泉郷や加賀四湯とも呼ばれています。片山津温泉、山代温泉、山中温泉はJR北陸本線「加賀温泉駅」が最寄り駅になりタクシー・バスで10分ほどで行くことができます。北陸新幹線(金沢駅)開業でいま最も注目を集めている温泉街でもあります。

周辺には風俗店(ソープランド)やストリップ劇場、ちょんの間などがあり、ピンクコンパニオンと遊べる温泉街として慰安旅行など団体客に人気の風俗遊べるができる温泉街として人気でしたが、近年は利用客の減少や取り締まりの強化で温泉風俗街としては廃れてしまっているようです。

それでもちょんの間などの裏風俗は今でもあり、この辺りでは「一発屋」と呼ばれているようです。多くの温泉街にある裏風俗だと年齢層が高めの熟女だったり、日本人ではなくタイやフィリピン、韓国、中国人だったりするのですが、加賀温泉だと意外と若い日本人の女の子と遊べるので裏風俗を目当てに遊びにくる団体客もいるようです。

健全な温泉風俗で遊びたいのであれば、山中温泉や片山津温泉にソープランドに行くか、ホテルにピンクコンパニオンやデリヘルを呼ぶのが無難です。北陸新幹線開業で東京からのアクセスが大変に便利になったため、旅行者も増えているので週末になるとソープランドは事前に予約しないと待ち時間になってしまうことが多くなっているようです。しかし、旅行客が増えて影響で女子会で訪れる人も多くなり、運がよければナンパもアリという情報もチラホラ耳にするようになりました。ハードルはかなり高いですが、温泉街ナンパに挑戦してみるのもいいかもしれません。