温泉街のソープランドとデリヘル

温泉街

全国の有名な温泉街には意外とソープランド街が近くにあったり、今ではほとんど見かけませんがストリップ劇場があったり、ちょんの間があったりと温泉街と風俗が非常に近い関係にあったりします。多くの温泉街には必ずパブやスナックがありますし、出張コンパニオンやデリヘルを呼ぶことだってできます。男性側も旅行や仕事関係で温泉旅館に宿泊したときには、コンパニオンを呼んでみたりとせっかく温泉に来ているのだから夜遊びをしてみたいと思う人はたくさんいます。
今回は、全国の主要な温泉街や遊べる風俗情報についてまとめてみました。

ソープランド

ソープランド

全国にある有名な温泉街の周辺にはソープランドがあることは珍しくありません。温泉街の規模の縮小と共に風俗店も減少傾向になり、今ではすべてのお店がしてしまった温泉街もあります。ソープランドが今でも営業している温泉街もあります。雄琴温泉などではソープランドや風俗遊びが目的で温泉街に訪れる人がいます。

「滋賀・雄琴温泉」、「愛媛・道後温泉」、「佐賀・嬉野温泉」「佐賀・武雄温泉」、「大分・別府温泉」などは全国でも有名なソープランド街として知名度は今でも抜群です。それ以外もソープランド街とは言えない規模ですが、石川(片山津温泉・山中温泉)、山梨(石和温泉)、静岡(熱海温泉)風俗、鳥取(皆生温泉)などには数店舗ですがソープランドがあります。

コンパニオン

ピンクコンパニオン

温泉風俗の定番ともいえるコンパニオンですが、遊べる範囲は派遣される女の子によって異なるため、お酒の接客程度しかしてくれないコンパニオンから風俗サービスまで可能のピンクコンパニオンまで幅広く存在するため、どこまで可能なのかは事前に調べておく必要があります。もしくは、別途で料金を払ったり女の子を口説いてエッチなことをしてもらうという方法もあります。
派遣されるコンパニオンを指名することができないことが多いので、温泉街によっては熟女系のオバチャンばかりだったということもあるみたいです。

デリヘル

温泉旅館に呼べるデリヘル

温泉風俗で最も安定して遊べるのはデリヘルでしょう。人気の温泉街であれば出張可能なデリヘル店はたくさんあるため、気に入ったお店を自分で探すこともできます。しかし、呼ぶ前には宿泊しているホテルや旅館がデリヘル呼べるホテルなのかチェックしておく必要があります。ホテルや旅館によってはデリヘル嬢やコンパニオン嬢の入室を厳しく制限していることもありますので。また、会社や団体の宴会などの場合だと一人部屋ではないことが多いので、そういう場合だと近くのラブホテルを利用することになります。温泉風俗で有名な温泉街だと周辺にラブホテルが必ずあったりしますので事前にチェックしておくようにしましょう。

ちょんの間・スナック

温泉街には俗にいう裏風俗的な風俗があったりします。「裏風俗」といわれる「ちょんの間」やマンションの一室でサービスしてくれる「マンヘル(本サロ)」などがあります。温泉街も景気がよく活気があった時代だと利用者が多かったため温泉風俗も盛んでしたが今でもこのような裏風俗があるかは定かではありません。